香芝で塾を選ぶなら個別指導塾ステップアップ

英語を勉強するようになるのは「きっかけ」が大事です。このシリーズでは少しでも英語に興味を持つようにおすすめの動画を紹介していきます。少しでも英語に興味が出て勉強を始めてみるきっかけになればいいなと思っています。

今回第二回目として中学生内容の「一般動詞」の肯定文否定文を説明していきます。

一般動詞の肯定文否定文から少しずつ英文が複雑になり、この時期から英語に拒否反応が出る人も少なくありません。

「いきなりdoが出てきたけどなぜ?」
「doっていったい何者?」
「doとdoesの区別が出来ない」

などbe動詞では「not」を入れるだけで否定文が完成したにもかかわらず、一般動詞では異なってきます。しかし、ここを乗り越えないと英語が始まったとは言えません。

今回はそんな英語の最初の壁である「一般動詞」の肯定文、否定文を説明していきます。

 

紹介動画
【高校英文法】第1章 文の種類 ②一般動詞の肯定文と否定文
(※高校英文法とは書かれていますが、内容は中学生内容です)

(動画は承諾を得て掲載しております)

 

【一般動詞の肯定文否定文】

◇一般動詞を使った英文◇

I play tennis.一般動詞とは動きを表すもの

◇一般動詞の否定文◇

I do not(don’t) play tennis. ※一般動詞の否定文はdo,does,didの後にnot+動詞の原形の形。

◇三単現のs◇

英語は主語に応じて動詞の形が変わっていく!

主語によるbe動詞の変化

Iが主語→am
youが主語→are
sheが主語→is
theyが主語→are

【主語による一般動詞の変化】

Iが主語→play
youが主語→play
sheが主語→plays ※主語が「三人称、単数、現在」の時、「s」を書く!!
theyが主語→play

※Iは一人称、youは二人称、sheやtheyは三人称

 

現在、個別指導塾ステップアップは新年度生を募集しています。

※定員制を取っているため定員になり次第募集を止めさせていただきます。

学習相談も承っております。なにか勉強面でお困りのことがあればご連絡下さい。

HPからのお問い合わせはこちら→お問い合わせ
電話からのお問い合わせはこちら→0745-71-3922

LINEはこちら→LINE始めました!

個別指導塾ステップアップ
香芝教室
0745-71-3922