先日ツイッターでこのような文章を見かけました。

中学生になり入塾する子は、
例外なく英語ができません
洒落にならないくらい

そこで、あえて教科書から離れ
基礎を一から徹底的に定着させます

追いついた段階で教科書も行う

これで復活できるというか、
周りができなさすぎなんで
上位に行けます!

出来ないのに目の前の点数を追う勉強はダメ

 

 

岩沢学園(神奈川県川崎市)の岩澤先生がおっしゃっていた言葉です。
(私は、岩澤先生に一度お会いしたことがあります)

 

 

昨今、中学の英語は難しくなってきています。
数年前は高校生で学んでいた内容を中学校で習うようになってきています。
(現在完了、分詞、仮定法など・・・)

 

それを保護者の方も分かっておられ、小学生のうちから英会話教室などで英語を学ばせているご家庭もちらほら見られます。
もちろん、うちでもこのような声を頂き、小学5年生から英語を受けられるコースを設けています。

当塾の英語コースはこちらから↓

小学生英語コース

 

もう今は小学生から英語を学んでおかないと、中学ではなかなか点数を取ることが出来ません。
平均点もかなり下がってきていて、1教科40点台になることもあります。

 

中学校の定期テスト(平均点)について

 

そんな中

「英語は中学から本気出せばいいか」

などの考えで英語学習を先延ばしにしているご家庭は要注意です!本当に点数が取れません。
塾に入れてもすぐに点数は取れません。(基礎を固める必要があるからです)

 

点数が取れなくなった子は何を思っているかというと「何でもいいから、とにかく点数をすぐに上げてほしい」ただこれだけです。点数が欲しい。そしてその点数をすぐにでも欲しい。です。

そんな子が基礎の勉強を耐えられると思いますか?

 

基礎の勉強は果てしなく長い道のりで、すぐには点に表れません。

苦労して苦労して、やっと手に入れるものこそが、点数であり、それが本当の勉強です。
苦労しないと手に入れることはできません。

その苦労を若いとき、小さいとき、小学生のうちにしておくのです。
小学生で、何も分からないうちに、言われるがままにやっていたことが、中学生で花開くのです。

まさしくこの画像のようにです。

こあたん🇦🇺こあらの学校 on Twitter: "成功している人たちが ...

 

成功をするには、忍耐や努力、苦悩、悩み、劣等感、葛藤、挫折・・・・・

いろんなことを経験して、成功を手にするのです。

 

今勉強で悩んでいる人はこのような経験(忍耐や努力、苦悩)をしたことがあるでしょうか?
ラクな方法、ラクに点を取る方法を探してたりしませんか?

 

勉強にそんな近道はありません。

とにかく、愚直(実直で一本気である、そのような姿勢で物事に取り組む様子)に勉強に取り組むと景色が変わります。

いちど、本気で勉強してみてはどうでしょうか?

 

 

体験授業申し込み受付中です

個別指導塾ステップアップでは、体験授業を受け付けています。

~体験授業までの流れ~

①お問い合わせ
HPからお問い合わせ または お電話(0745713922)


②面談
お子様の学力をお聞きし、塾のシステムをお伝えします。
この時に、体験授業日を決めさせていただきます。


③体験授業

 

詳細はこちらのページでご説明いたしております。

募集学年についてはこちらをご確認ください。

生徒募集案内|募集人数

点数を今よりも上げたい!本気で勉強するお子さんをお待ちしております。