入試も近づいてきて、受験勉強が佳境に入ってきています。

また今年の4月から小学生の学習指導要領が変わります。その中でも気になっているのは英語教育です。
英語教育は数年ほど前から取り上げられるようになってきましたが、ようやく4月から本格実施です。

私は小学生中学生に英語も指導していますが、英語が出来ない生徒はやはり圧倒的に単語の知識不足が目立ちます
単語が分からないことももちろんそうなのですが、単語の覚え方を知らない、または覚え方をまだ身に付けることが出来ていないように感じられます。

 

英語は単語が命です。単語が書けなければ英文は書けないですし、訳すことも出来ません。
小学生で習う英語はコミュニケーションが基本となっていますが、この4月からは小学生も書く英語が必修となってきます。

コミュニケーション英語しかしてこなかった子に急に「はい!それでは英語を書きましょう!」と言ってもなかなか書けるものではありません。
毎年どんどんどんどん覚えなければならない英単語は増えてきています。今習った単語が数日後当然のように出てきますし、数日後はまた新しい単語を覚えなければならないのです。

単語を覚えるのが少しでも遅くなれば、それが積み重ねられて英語が出来なくなってくるのです。そんな生徒を私は何人も見てきました。

 

英語は最初の1年が肝心です。最初の1年でどれだけ単語を覚えられるか、そして覚え方を身に付けるかでその先の英語の学習スピードは変わってきます。
実際に私は、中学1年生の生徒に「この1年の英語は本気で頑張って。この1年頑張ればその先きっとやっていけるから」と伝えています。

このことをしっかりと伝え、実践することが出来た子は中学2年生、中学3年生では英語では困ることが無いです。
逆に途中から入塾してきた中2生や中3生は、単語の覚え方を知らないので英語にはとても苦労しているイメージが大きいです。

 

英語は始めの一年がとても重要。
そしてその1年の間にやり方さえ身に付けることが出来れば、英語はこわくないのです。