9月25日。朝8時に家を出て2時間かけて
大阪南港で開催された教育EXPOに参加してきました。

(↑画像クリックでサイトに飛びます)

教育EXPOでは様々な企業が教育に生かせる教材を実演、販売しています。
ここだけの話。金額が高すぎで私の教室ではなかなか導入できないものばかりでした。

しかし
このような未来の教育に実際に触れることで今出来ることは変えていく事が出来ると思っています。

英語教育やプログラミングが盛んな今、次はどのような教育になっていくのか。何をすべきなのかを明確に把握しておくことが出来ます。
ただ与えられた教材だけをこなすだけでなく、「なぜこれをする必要があるのか」「次レベルアップしたら何を使っていくべきなのか」を日々頭で考えておくと今の勉強の意味が見えてくるようになります。

 

勉強というのは「繋がり」です。
今の勉強は必ずどこかで繋がるときが来ます。一回の勉強をして終わりではなく、次を乗り越えるための準備期間なのです。
勉強した先に何があるのかは私もわかりません。わからないからこそ勉強するのです。