長い夏休みが終わり、早いところでは学校で授業が始まっているのではないでしょうか。

9月に入った最初の週では、夏休みに課題として出されたワークから「課題テスト」と表してテストが実施されることがあります。中3ではこれに変わり「学力テスト」が実施されます。

 

受験生は夏が過ぎれば、毎月何かのテストが待っています。多い月では学力テスト、定期テスト、藤井や五ツ木といった模試の3種類のテストが実施されます。

こんなにも多くのテストが毎月あり、受験勉強もしないといけないとなると、何からすればいいのか。何をすればいいのか。が悩みどころだと思います。

 

その答えとしては、「目の前のテストに集中する」ということです。

次に受けるテスト範囲は学力テストにしろ、定期テストにしろ大まかな範囲が出ていると思います。その範囲を集中して勉強すると良いです。

範囲を確認せずに、自分の苦手な所ばかり勉強していると学力テストで点数が取れず、志望している学校に受けることすらできなくなる可能性が出てきます。

そうならないためにも、範囲をしっかり確認しその範囲をしっかり集中して勉強することが良いと思います。
その後勉強に余裕が出てきて時間が余ったなと感じたら、苦手な所なかなか解けない問題にチャレンジしてみるのが良いと思います。

 

夏が過ぎたら入試まで6か月ほどになります。この6か月は意外に早く過ぎます。ボーっとしてても早く過ぎますし、必死に勉強してても時間が足りなくなるぐらい早く過ぎ去っていきます。

そのような短い時間を有効活用し、自分が思い描いている高校生核に一歩でも近づけるように頑張っていきましょう。