テストを受ける時には万全の態勢で臨みたいものです。範囲を完璧に勉強し、どんな問題が出来てきても解けるように何度も何度も復習を行う。

この状態になる前にほとんどの人は「これぐらいでいっか。」と半ばあきらめてテスト当日を迎えるのです。
するとどうでしょうか?そんな状態でテストを受けると散々な目に合うのです。

勉強にも準備が必要です。

旅行に行くときにどんなことがあっても対応できるように、様々なアイテムを用意し、忘れ物が無いように万全の準備を行って両行に出かけますよね?

勉強も同じなのです。
テスト範囲が分かっているのですから、前もって準備を行わなければなりません。

・範囲表全てに目を通したか。
・わからない問題や解けない問題はないか
・すべての教科において、出題される単元を理解しているか
・提出物は全てやったか

など準備しておくことはたくさんあります。旅行の準備と同じなのです。

 

準備を怠ってしまうと、当日は困るのはあなたです。必ずわからないこと、解決できないことに遭遇することでしょう。
そうなってしまうと点数は取れなくなってしまいます。

学校の定期テストは点数で見られます。点数が良ければ褒められ、低ければ怒られたりもします。
この差は準備をしっかり行ったかどうかの違いです。

準備が出来た人は点数が取れ、準備を完璧にしなかった人は点数が取れません。

 

定期テストは、準備=テスト勉強 が必要です。
これをサボらないように。そしてテスト勉強のやり方を知らない人はそのやり方を学ぶことから始めてみましょう。