毎年毎回見かけるのが基礎基本が抜けているのに、応用問題に挑戦しようとしている子たちです。
子どもたちに悪気はないのはわかっています。ただ「言われたから」「次の問題はこれだから・・・」という理由があるのでしょう。

しかし、勉強というのは基礎基本が抜けているといくらその上に応用力を積み重ねても、土台がしっかりしていないので全く足も手も出なかったり、すぐに崩れ落ちてしまいます。

最近塾の先生と話をすることが多いですが、どの先生に話をしても「基礎基本」の大切さを語って頂けます。
それほど、基本的な問題はしないといけないものであり、身に付けるべき力なのです。

 

先生に授業を聞いて終わり。一回解いて終わり。
そんなものでは基礎力は付きません。本当に理解しているとは言い切れません。誰の手助けもなく、自分の力だけで解き、なぜその答えになるかまで説明することが出来れば、理解はしているでしょう。

しかし、ほとんどの子はここまで勉強してくれません。
なので「文章問題になったらわからない」「応用問題が解けない」という事態に陥ってしまうのです。それは私たち塾講師からしたら基礎力の欠如。ただこの1点にしかすぎません。

 

基礎力を鍛えるには反射的にその問題が解けるまで訓練、練習を重ねなくてはいけません。復習復習の繰り返しです。
と、言うのは簡単です。先ほどの言ったように塾の先生なら誰しもこの言葉は言います。しかし子どもにさせるのが難しいのです。

子どもは復習の大切さをまだわかっていないのです。「わかってるし」という軽い気持ちで問題の続きをしてしまっているのです。これでは「わかったつもり」になってしまっています。

テストをしたり、なぜこの答えになったのか。解き方を説明させたり・・・
問題が出てきたら反射的の答えるまで訓練を重ねるのです。反射的に解けるようになっても考えることを忘れてはいけません。

「反射的に解く+考える」ここまですれば応用問題が解けるようになります。
預かったお子さんを全員ここまでのレベルにもっていきたいのが私の思いです。