10連休の大型連休が終わり、また普段の慌ただしい生活が戻ってきます。10連休もの連休があると「前は何時に起きてたっけ?」「いつ習い事に行ってたっけ?」ってなりがちです。

そして一日一日をその場その場で乗り越えていってしまうと5月病になってしまい、体調を壊す結果になってしまいます。今回はそのように体を元の状態に戻すような工夫を紹介したいと思います。

 

5月病にならないためにも・・・

1つ目 目標を以前よりも下げてみる

連休が明けて普段の状態に戻すのはとても難しいことです。大人でも難しいことを子供にもさせると言うとそれはもっと無理なことでしょう。

そんな時は以前していたことよりもハードルを下げて行ってみると比較的スムーズに出来るようになります。

 

2つ目 食事をしっかり摂る

食事は大事な体調管理の一つです。
ゴールデンウィークでほとんどの日に出掛けていると外食が多くなっていることでしょう。それが連休が終わると家での食事が多くなります。

しっかり栄養のあるものを摂取して、連休明けにも耐えることのできる体つくりをしておきましょう。

 

3つ目 明日の計画をしっかり立てる

その場しのぎの生活をしているといつか崩れてしまいます。
そうならないためにも、明日の予定、次の予定を頭の中でしっかり組みたてておくと憂鬱な気持ちにならずに済みます。

やることを考えるのではなく、

「まずはこれをして、その後これを、最後にこれをして終わる」
とやる順番を決めておくのが効果的です。そうすれば、その時に考える必要がなくなってくるので、憂鬱な気持ちになる前にあっという間に一日が過ぎていきます。

 

このように5月病を防ぐ方法はいくつかあります。
だまされたと思って実践してみてください。思ったよりも快適な日々を暮らすことができるかもしれません。

こちらの記事も読んでみてください。

高校生も五月病にかかる!?子供の五月病の治し方3選