教材は何回も繰り返してようやく完成するんよ。
一回で完璧に使用だなんて不可能なんだよ。
何周もするには時間もそれなりにかかるから信頼できる先生と適切な教材をしっかり選ぶことが大切なんよ。

 

本当にその通りだと思います。

学校ので出される問題や書店で買った問題集、テキストに出てくる問題など、多くの子が一回解いて満足しています。それではただやっただけで理解しているかといったら理解はほとんどできていないでしょう。

何回も何回も解き直しをしてようやく理解ができるようになるのです。

 

スポーツは何度も何度も失敗してようやく自分の力だけで出来るようになり、上手くなっていきますよね。
勉強はスポーツと同じなのです。

何度も失敗をして何度も繰り返して行うことで上達していくものです。これに気付けていない子は本当に多い。繰り返して行うことで基礎の定着ができるようになり、それが自信へとつながっていくと思います。

私は教室で繰り返して行うことを徹底しています。
「授業、復習、復習、復習、復習、復習、復習、テスト、見直し、見直し」
と授業だけでなく、復習を行う時間を多く取っています。これで何回もやる習慣と自分で理解が出来るように勉強を進めています。そして、テストをすることで理解しているかのチェックを行っています。

復習をすることだけでなく、テスト勉強へとつながっているので効率が非常にいいのではないかと私は思っています。この指導に変えてから子どもたちの学力や成績も上がっているので、繰り返して行うことは間違いないのでしょう。

 

大人では分かっていることでも、子どもからしたら理解できないものです。
それを子どもたちにしっかり伝えていくことで、理解もしてくれ、実践してくれるものです。

焦っても何も変わりません。ゆっくり時間をかけて子どもに伝えていかないといけないですね。