最近小学生でも勉強するようになり、世間一般的にも話題に上がってくる「英語学習」
そんな英語学習。果たしてどのように勉強させればよいのでしょうか?

 

英語学習

その1.単語を連続して何回も書くべからず。

英単語は英語学習では切ってもけれない関係です。英語を書くことに関しては単語が書けないと何も書けないことに繋がります。

英単語を覚える時は、「何回も連続で書いて覚えない」ことです。
連続して覚えてもあと何個か英単語を勉強したら、その単語は忘れてしまっていることでしょう。

英単語を覚える時は、5単語や10単語といったようにグループで分け、1回書いたら次の単語、書いたら次・・・といったように1回書いてそのグループの単語を何回も何回も繰り返すといいです。

 

その2.文章で覚えるべし。

英単語は単語だけで覚えても意味がないです。その単語がどのように使われ、どんな時に使うのか。を明確に分かっていないとせっかく覚えた単語も使いこなせず終わってしまいます。

そうならないためにも、英単語は実際に使われている文章で覚えるようにすると、使い方を一緒に学ぶことが出来るので覚えやすくなります。

 

その3.忘れたころにもう一度勉強するべし。

人は覚えると忘れる生き物です。新しいことを頭に入れると覚えていたはずの事が頭から抜けていってしまいます。

英単語も同様です。せっかく時間をかけて覚えた英単語も使わないと忘れていってしまいます。
「この単語何だったっけ?」ってなったときはすぐに単語帳を開け、覚えなおすようにしましょう。

その繰り返しをすることによって、わすれにくくなります。

 

どうでしたでしょうか?
英語は英単語を覚えることが出来ない限り、英語を理解することはできません。いくら小学校でコミュニケーション中心の英語学習を行ったとしても、中学校では書く英語、書く試験です。

中学校に上がってから習得するのではなく、小学校の時に英単語の覚え方を習得してから中学校に上がるようにすると少しでも楽になるのではないかと思います。