今日は賛否両論ありそうな話を一つ。

「子どもに答えを渡すのはありかなしか」

この問題については両方でメリットデメリットがあるわけで、どちらがいいという答えはない気がします。渡してもいい子には渡してもいいし、渡すと答えだけ写す子には渡さない方がいいです。どっちがいいかなんて無いです。

そんな私は「答えを子どもに渡す派」です。

私は常日頃から子どもたちには「答えを写して何の意味があるの」と言い続けています。それを聞いている子は自分でできるところまでやってみて、わからなければ答えを見る。という行動をしてくれるようになります。
それに答えだけでなく、なぜその答えになるかまで考える子もいたりします。

そんな子には答えを渡すようにしています。私が目指している教育はここに行き着きます。

答えだけを写すのはあり得ない。
一旦は自分で考え答えを出してみる。その後、答えで確認。
なぜこの答えになるのかまで突き詰めて勉強する。

私に預けていただいているお子さんにはこのような考えになってほしいと思っています。
自分で限界まで考えてわからければ、先生に聞く。

これをしている子は自分で考えることが出来るので思考力が付きますし、何より塾を上手く使っているな~とも思います。
せっかく塾に来ているのですから、塾やそこにいてる先生を上手く使うことで成績は限界なく上がっていくものだと思っています。

自分でさぼらず、嘘を付かず頑張っていける子になってほしい子には答えを渡すべきだと思います。渡すタイミングはかなり難しいですが・・・

それを上手く見抜くのは私たち塾講師の役目だとも感じています。上手く子どもたちの様子、雰囲気、考え方を見ていいタイミングで答えを渡すことができればその子はきっとこれ方も成長していけることでしょう。

これからももっとそんな子たちが増えていけば。と日々思っています。