学校で授業を受ける時にはノートを書いていくと思います。

多くの子どもは先生が書いたものをただ単にそのまま書き写す子が多いですが、それでは意味はありません。それでは頭に残りませんし、見直した時に訳がわからなくなることもあります。

それを防ぐためにもノートを書くコツとして、先生が書いた内容以外の事をメモしておくと頭に残りやすくなります。これは思いついたもの何でもいいです。

例えば
「授業中にふと疑問に思った事」
「話を聞いていて感じた事」

何でもいいのです。自分の思った内容を自分の言葉で書くと頭に残り忘れにくくなります。このことを子どもに伝え実践させることで、話を聞き、それを自分の言葉でまとめ、しかも見直しまで自分で出来る子に育ちます。

このようなメモはその瞬間だけ効果的なのではなく、後々それが話の流れとなり点と点の授業が一本の線としてつながるのです。それは内容を理解できたという事になります。

復習の際にも話がつながっているので見直しがしやすく、すぐに授業の内容を思い出すことが出来ます。

是非、お子さんにノートを書くときは「自分の思った事や考えを書く」ように伝えてみてはどうでしょうか?