2019年4月1日「平成」に変わる元号が発表されました。

その新しい元号は「令和」

この令和という言葉は日本最古の和歌集、万葉集からの引用になります。

「万葉集」の梅の花の歌32首の序文。

初春の月にして、気淑(よ)く風ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す

春のよい月に、風はおだやかで、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように咲き、蘭は身を飾った衣に纏う香のように薫っている。という意味です。

これについて安倍首相は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明しています。

元号というのは日本古来の大切な文化であり、元号に合わせて時代が形成されてきているようにも感じます。「安永」や「永和」など多くの予想が出ており、「令和」はだれしも予想をしていなかったのではないでしょうか?

最初聞いた時は「んっ!?何て?」とは思いましたが、首相の「令和」に至った経緯などを聞くとしっくりと来るものでした。この「令和」という元号にふさわしい、良き時代になるようにみんなで心を寄せ合う時代になればいいなと思います。

5/1から新元号となりますが、どんな時代になっていくかは誰もわかりません。しかし新時代の幕負けになることは確かだと思います。その新時代を楽しみに迎えたいと思います。