2020年度から小学校の英語は教科化され、小学校から本格的に英語を学ぶようになります。いままではゲーム感覚遊び感覚で学んでいた英語は、「聞く」「話す」を重視され、日常の場面を想定した使える英語を学ぶようになります。

最近の学校での学習は講義を受けるだけの「受動的」学習ではなく、自ら主体的に学ぶ「能動的」な学習に変わってきています。今回の小学校の英語の教科化もそれに合わせた変更になります。

私は~が好きです。や道案内、買い物で使える英会話など身近な場面を想定した場面を多用した教科書になっています。

コミュニケーションを中心となった学習になるにつれて発音の学習や説明が少ないとも声が出ています。そのため、発音を説明するページを増やしたり、コラムを設けたりして発音にも注意をしていこうというのが教科書に盛り込まれています。

グローバル化が進む日本ですので、英語は確かに将来必要になるかもしれません。それに合わせて英語の学習がここ最近過熱しているのも十分理解出来ます。

英語を学習する機会が増えたことにより、出遅れる子、付いてこれなくなる子が出てくるのではないかとも私自身懸念しています。

たしかに小学校で英語を学習するようになってから、英語の基礎がしっかり出来ている子が増えてきました。しかし一方で学校以外で英語を学習していない子とのが大きくなってきているのも事実です。

この差をいかに埋めるか学力格差がある中でどのような授業をしていけばいいのか。学校などの一斉授業ではなかなか平等な授業をしていくのはこれから先本当に難しくなってくるのではないでしょうか

一人ひとりに合った学習、上をどんどん目指していく学習、先を見据えた学習が必要不可欠になる時代になってくると考えられます。