2019年3月21日イチロー選手は28年間の野球人生に終止符を打ちました。

中学時代に野球部だった私はイチロー選手にあこがれていました、独特なフォームである振り子打法、毎日繰り返し行われたルーティーン。インタビューで飛び出るイチロー節…

その一つ一つがイチローならではであり、イチローにしかできないことでもありました。真似しようとしてもなかなか真似のできないことばかりです。

イチロー【名言・格言】

壁というのは、
できる人にしかやってこない。
超えられる可能性がある人にしかやってこない。
だから、壁がある時は
チャンスだと思っている。

成績は出ているから今の自分でいいんだ、
という評価を自分でしてしまっていたら、
今の自分はない。

結果が出ないとき、
どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、
何かを生み出すきっかけをつくる。

同じ練習をしていても、
何を感じながらやっているかで、
ぜんぜん結果は違ってくるわけです。

やってみて「ダメだ」とわかったことと、
はじめから「ダメだ」と言われたことは、
違います。

引退を表明した日イチロー選手は記者会見を開きました。深夜12時過ぎに行われた会見でしたが世紀の大ヒーローの記者会見。眠たい目をこすりながら聞いていました。

イチローが野球人生最後の日となった会見。そこでもイチロー節は健在でした。

~記者からの質問~
テレビを通じて子どもたちが見ていると思います。子どもたちへメッセージを。

野球だけでなくても良いんですよね、始めるものは。自分が熱中できるもの、夢中になれるものをみつけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので。そういうものを早く見つけて欲しいなと思います。
それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける。向かうことができると思います。それが見つからないと、壁が出てくると諦めてしまうということがあると思うので。
色々なことにトライして、自分に向くか向かないかというよりも、自分が好きなものを見つけてほしいなと思います。

~記者からの質問~
イチロー選手の小学生時代の文集が有名。「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです」という言葉で始まる。当時の自分に、いま声をかけるとしたら。

「お前、契約金1億円ももらえないよ」って(笑)
いやあ、夢は大きくといいますけどねぇ。なかなか難しいですよ。「ドラ1(ドラフト1位)の1億」って掲げてましたけど、全然遠く及ばなかったですから。いやぁ…ある意味では、挫折ですよね、それは。
こんな終わり方でいいのかな(笑)なんかキュッとしたいよね、最後は。

~記者からの質問~
ヤンキース、マーリンズに移られ、プレーする役割が変わってきた。去年ああいう状態になって、今年引退になる。その孤独感はずっと感じながらプレーしていたのか。前の孤独感とは違ったものがあったのか。

現在、それは全くないです。今日の段階で、それは全く無いです。
それとは少し違うかもしれないですけど、アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと。アメリカでは僕は外国人ですから。
このことは、外国人になったことで、人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分があらわれたんですよね。
この体験というのは、本を読んだり情報をとることはできたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。
孤独を感じて、苦しんだこと多々ありました。ありましたけど、その体験は未来の自分にとって、大きな支えになるんだろうと、今は思います。
だから、辛いこと、しんどいことから、逃げたいと思うのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元気なときに、それに立ち向かっていく。そのことは、すごく、人として重要なことなんではないかなと感じています。
締まったね、最後(笑)いやぁ、長い時間ありがとうございました。眠いでしょ、みなさんも。ねえ。いやぁ…。
じゃあ、そろそろ帰りますか、ね?

 

29年間も同じことを続けてきて、それをひたすらに変えず守り抜いてきた男イチロー。その姿は多くの人を感動させ興奮させて生きたことでしょう。私もそのひとりです。

同じことを続ける大変さ。そしてそれを維持していく事の大変さ。これは本当に難しいことであり、なかなか出来ることではありません。

それを可能にしたのがイチローであり、「自分にも出来るんだ!」と思わせてくれたのもイチローでした。

多くの感動をありがとう!
今までありがとう!
お疲れさまでした!