よく保護者との話で

「学校の授業が分からないようで家でがっつり教えています。それでも一人になったら解けないんです・・」
とお聞きすることがよくあります。

一人になったら解けない理由。それは「教えすぎ」による影響です。
教えながら解かせると当然解けます。しかしその時だけです。目の前で解ける理由は教えた人の知識で答えを出しているからです。決して子ども自身の力で答えまで辿り着いたのではありません。

これはぱっと見は解けているように見えますが、実際には解けていないことが多いです。この積み重ねを行っているせいでいつか大きく崩れていまうのです。

教えることが決して悪なのだ!ではなく、子どもに考えさせ、どうすれば答えを出すことが出来るのかを一緒に考えてあげることが重要です。

知識の押し付け。ここはこうだからこう!などと教えては身に付きません。それはただの強制です。

学校ではどうやったのか?どうやって考えたのか?などを子どもと話をしながら、勉強を進めていけば学校と家での勉強がつながり、頭を混乱させずにすみます。

学校のやり方を無視する。親の考えだけで解かせる。ことは解けなくなる原因の一つです。
子どもは学校に毎日通っています。学校のやり方に沿って問題一つ一つこなせるようにすれば、学校の授業も少しずつわかってくると思います。

「一貫性のある教え方」これは大切な事です。
なので私は学校の進度ややり方を常に子供たちに確認して指導しています。

 

学習相談も承っております。なにか勉強面でお困りのことがあればご連絡下さい。

HPからのお問い合わせはこちら→お問い合わせ
電話からのお問い合わせはこちら→0745-71-3922

LINEはこちら→LINE始めました!

個別指導塾ステップアップ
香芝教室
0745-71-3922