勉強があまりうまくいかない人はこの第一歩」が抜け落ちています。

・自分には出来ない。
・やってもどうせ・・・
・やって必ず成果が出るかわからない

このような理由を付けてやるのをためらってしまっているのです。

誰しもこの「第一歩」は経験しています。
それを早くするかしないかで結果も大きく変わってきます。そしてその第一歩を早く踏み出した人の多くが成功を手にしています。

誰しも社会人になってから数年が経ちますが、いろんな人を見てきました。代表になってからは、社長や取締役、代表など会社のトップの人と話す機会が増えました。

会社のトップの人がよく言われているのは、

「まずは始めてみること」
ただこれだけです。

確かにトップの人の行動力はすごいものです。頭で思い浮かんだものを行動ですぐに形にします。
私も周りからよく「いろんなことを始めるね。」と言われますが、私以上に行動をしている人はいますし、そのような人はもっともっと上の位置で仕事をしています。

 

やはり「まずは始めてみる」これは確かなようです。

勉強にも同じことがいえると思います。
「わからない。出来ないと思うよりも先にやってみる。」そうすれば必ず何かが変わります。
「行動です。とにかく動く。とにかくやる。」ただこれです。

 

勉強が苦手、点が全然取れないという人の特徴は「ただやっていないだけ」がほとんどを占めていると思います。
・やってないから出来ない。
・やろうとしていない。
このようなことでやることから逃げているのです。

しかし、自分だけではこの「第一歩」を踏み出す勇気を持つのはとても難しいものです。
そんな時は私たち、講師の出番です。

上手くやるように声をかけ、モチベーションを上げる。
これが難しい「第一歩」を踏み出させる秘訣です。

ただやれやれ言っても、やり方ややる気が無ければ踏み出すことはできません。
やるべき理由を言ったり、やるように持ち上げることでようやく一歩を踏み出すことが出来るのです。