今回は実際に
実践していたノートの取り方を教えます。

学校の先生の板書をしっかり取っていたのに
なかなかテストの点数が点数を取れなかった~
という人に向けての内容です。

中学生だけでなく高校生大学生でも
使える方法ですので
ぜひ、参考にしてみて下さい!

ノートにメモスペースをたくさん作る

ノートの左や右に縦で線を書いて
教科書のページ数を書きましょう。

後でノートを見直しをしたときに、
教科書のどこを勉強しているのか
すぐわかります。

また
先生が喋った内容や
黒板の隅に
ちょこちょこっと書いたものも書いていきましょう。

ここテストに出る!
ここが大事!
教科書の人物やイラスト

など自分がわかりやすいように書くと
イメージが付きやすく
覚えやすくなります。

実際の内容に合ったものを書く
思いだすきっかけになるかもしれないです。

使う色を決めて多くの色を使わない

色を多く使ってしまうと
先生が言っていた大事なところはどこだったのか
わからなくなってしまいます。

復習する時に
パッと見て分かるように工夫しましょう。

多くの種類を使ってしまうと
どの色を使おうかな~って迷ってしまいます。

色を決めておくと
時間の短縮になりますよね?

大事なものはオレンジ。その補足説明などは青で書く。
それ以外はシャーペンで書く。

など自分でルールを決めてもいいのですが、
私がおすすめしているのは

先生の色に合わせる方法です。

赤は赤で書いて
黄色は青で
その他はシャーペン

です。

先生が使っている色に合わせることで
大事なものと
そうでないものの区別がはっきりわかりますからね。

ノートは大胆に使う

スペースが空いていたらもったいない!!
っていう人もいるでしょう

しかし
ノートは復習するものです。
もったいないという考えを捨てて
見やすいノートを書くようにしましょう。

まとまってないノートよりも
綺麗にまとまっているノートの方が見やすいですよね?

途中でページが変わってしまう時は
大胆に次のページに移るようにしましょう。

10行ぐらい残っていても
お構いなしに次のページに移りましょう!

その方が見返しやすいですし
わざわざ
次のページを見なくていいから勉強がしやすくなります。

まとめ

おススメのノートを取り方は

・ノートにメモスペースをたくさん作る!

・使う色を決めて多くの色を使わない!

・区切りのいい所で次のページに移る

新学年、新学期の時期に
思いっきり
ノートの取り方を変えてみてはどうでしょうか?

成績が急激に良くなるかもしれません